PREPARING CONTENT

Back to Blue について

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

Plastic Management Index (プラスチック管理指数=PMI)について
エコノミスト・インパクトと日本財団が海洋環境保全イニシアチブ「Back to Blue」の一環として作成したPMIは、プラスチック管理において異なった発展段階にある25か国を対象とし、ライフサイクル全体を視野に入れた評価・比較検証を行う試みだ。プラスチック汚染に対する世界的な懸念の高まりに焦点を当て、持続可能な管理に向けた方策を検証する。本報告書の大きな目的は、対象国のプラスチック管理体制や廃プラスチックの環境流出対策などを評価し、資源としての最適な生産・利用法を普及させることだ。主に政策・規制・企業の取り組みや消費者の行動・価値観といった観点から問題を取り上げている。


ホワイトペーパー
インフォグラフィック

Back to Blue紹介ビデオ


Submit Details

You can find The Economist Group's privacy policy here: https://economistgroup.com/privacy-policy/

You can find The Nippon Foundation's privacy policy here: https://yidanprize.org/privacy-policy/