PREPARING CONTENT

WHITEPAPER

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

Selected article from The Economist archive
March 20th 2020

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

"1950年頃に大量生産が始まって以来、世界が製造したプラスチックの量は驚異的です。2015年までに、その数は83億メートルトンと推定され、そのうち20億メートルトンがまだ使用されています。残りは廃棄物であり、その80%近くが埋め立て地に送られるか、海洋を含む環境を汚染し、劣化するのに何世紀もかかります(それでも消えることはありません)。課題の規模には、新しいフレームワークが必要です。プラスチック製品の設計から製造、消費、廃棄までのライフサイクル全体をカバーします。プラスチック管理指数(PMI)を紹介するこのレポートは、プラスチックの使用に関する世界的な懸念の高まりに注目し、その管理を持続可能にする方法を強調することで、この目標に貢献することを目的としています。そして2021年は、科学に基づいた海洋管理を目標とする国連の海洋科学の10年の始まりであり、このイニシアチブのタイミングは特に適切です。"

ザ・エコノミスト・グループと、海洋科学と海洋環境の保全をけん引してきた日本財団は、海洋汚染と海洋環境保全に取り組むべく、数か年におよぶ共同イニシアチブをローンチしました。

地球最大のエコシステムである海は現在、危機的状況にあります。ザ・エコノミスト・グループと日本財団のイニシアチブ、Back to Blueは海洋課題への取り組みにあたって、科学・エビデンスを活用することの重要性を分かち合い、サステナビリティの推進と海洋環境の保全にむけたソリューションを模索したいと考えています。イニシアチブが取り組む最初の重点課題は「汚染」です。

 


From the online edition:
The Economist Newspaper Limited. All rights reserved. From The Economist, published under license. The original article can be found at:
https://www.economist.com/science-and-technology/2020/03/12/plastic-rubbish-smells-good-to-turtles


 


Submit Details

You can find The Economist Group's privacy policy here: https://economistgroup.com/privacy-policy/

You can find The Nippon Foundation's privacy policy here: https://yidanprize.org/privacy-policy/